• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安京内裏の襲芳舎 (しほうしゃ) の異称。雷鳴のときに天皇が臨御 (りんぎょ) したのでいう。かんなりのつぼ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉