• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、雷鳴のときに宮中に臨時に設けられた警固の陣。近衛大将・次将が清涼殿孫庇 (まごびさし) に伺候 (しこう) し、弦打 (つるう) ちして天皇を守護し、将監 (しょうげん) 以下も諸所を警固した。かんなりのじん。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉