《「神鳴り」の意》

  1. 電気を帯びた雲と雲との間、あるいは雲と地表との間に起こる放電現象。電光が見え、雷鳴が聞こえる。一般に強い風と雨を伴う。いかずち。なるかみ。「雷が鳴る」「雷に打たれる」 夏》「―に小屋は焼かれて瓜の花/蕪村

  1. 雲の上にいて、雷を起こすという神。鬼の姿をしていて、虎の皮の褌 (ふんどし) を締め、太鼓を背負って、これを打ち鳴らし、また、人間のへそを好むとされる。雷神。はたた神。かみなりさま。

  1. 頭ごなしにどなりつけること。腹を立ててがみがみと𠮟責 (しっせき) すること。「雷を落とす」

[補説]狂言の曲名別項。→神鳴