• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

電光影裏の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人生は束の間であるが、人生を悟った者は永久に滅びることがなく、存在するというたとえ。▽「電光」は稲妻のこと、「影」は光の意。「電光影裏春風を斬る(稲妻が春風を斬るようなもので、魂まで滅し尽くすことはできない)」の略。中国宋そうの僧祖元そげんを元げんの兵士が襲って殺そうとしたとき、祖元が唱えた経文の一句。
用例
「そういばるもんじゃないよ。君などはことによると電光影裏にさか倒れをやるかもしれないぜ」<夏目漱石・吾輩は猫である>