• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

電子線を用いたホログラフィー。試料を透過した電子線と、電子線源から直接放射された電子線による干渉縞を記録し、これをコンピューターで解析することで、試料の立体構造や電場・磁場の情報を含む画像を作成する。原理的には可視光のホログラフィーと同じだが、その10万分の1の短い波長の電子線を用いることで、分解能の高い画像が得られる。ホログラフィー電子顕微鏡に応用される。