• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

強い電波を放射している天体の総称。1970年代初頭以前には電波星またはラジオ星と呼ばれていた。電波望遠鏡で観測される主な電波源として、銀河系内の散光星雲超新星残骸星形成領域パルサーのほか、銀河系外の遠方にある電波銀河クエーサーなどの特異銀河がある。低温の中性水素原子の線スペクトルや星間分子が放つ分子スペクトルは熱的放射と呼ばれる。また、超新星やパルサーの磁場、クエーサーや電波銀河のジェットによるシンクロトロン放射は非熱的放射と呼ばれ、高エネルギーの粒子が存在すると考えられている。電波源。電波星。ラジオ星。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉