• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(梵)Gṛdhrakūṭa-parvataの訳》古代インドのマガダ国の首都、王舎城の北東にあり、釈迦 (しゃか) が法華経などを説いた山。山頂の形が鷲 (わし) に似るので、また山中に鷲がいたのでこの名があるという。現在のビハール州中部のラジギールにある。鷲の山。耆闍崛山 (ぎじゃくっせん) 。鷲峰山 (じゅぶせん) 。霊山 (りょうぜん) 。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉