【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎狂言世話物。5幕。河竹黙阿弥作。明治13年(1880)東京新富座初演。天下のため恩師を討つが、妻に自害され、零落した士族の六浦正三郎は、恩師の子息の巡査によって救われ、和解して仏門に入る。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉