• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《動詞「き(霧)る」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》霧や霞が一面に立ちこめる。
  • 「秋の田の穂の上に―◦ふ朝霞いつへの方に我 (あ) が恋やまむ」〈・八八〉