• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏前で絶えずたく香の煙のように、霧が絶えることなくたちこめる。

「いらか破れては―・き」〈平家・灌頂〉