• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

露がおいてから消えるまでの間。転じて、ちょっとの間。

「ぬれてほす山路の菊の―にいつか千歳 (ちとせ) を我は経にけむ」〈古今・秋下〉