• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. きわめてわずかなことや、また、価値のないもののたとえ。

    1. 「いよいよ不平は懐 (いだ) けど―ほども外には出 (いだ) さず」〈露伴五重塔

  1. (あとに打消しの語を伴って副詞的に用いて)少しも。全然。

    1. 「我等の命、―惜しからじ」〈三河物語・上〉