• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大気中に無数の微小な水滴が浮遊し、遠方がかすんで見える現象。気象観測では視程1キロ以上の場合をいい、1キロ未満のと区別する。

[地学/気象]カテゴリの言葉