• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

青地林宗の解説 - 小学館 大辞泉

[1775~1833]江戸後期の蘭学者。松山藩医の子。幕府天文方訳員を経て水戸藩医となった。主著「気海観瀾 (きかいかんらん) 」は日本最初の物理学書。

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉