• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紺色に染めたのれん。近世、上方の遊里で局女郎 (つぼねじょろう) という下等な遊女のいる門口に掛けた。あおのれん。