• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

青木木米の解説 - 小学館 大辞泉

[1767~1833]江戸後期の陶工・南画家。京都の人。後年、聾米 (ろうべい) と号す。煎茶 (せんちゃ) 器にすぐれ、交趾 (コーチ) 染め付けなどを得意とした。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉