静御前の解説 - 小学館 大辞泉

源義経の側室。母は磯禅師。もと白拍子。義経の京都退去に従ったが吉野山中で別れ、捕らえられた。鎌倉鶴岡八幡宮で、義経を恋う「しずやしず」の歌を舞って人々を感動させた。静 (しずか) 。生没年未詳。

出典:青空文庫

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉