[名・形動]

  1. 他人に対する思いやりに欠けること。冷淡で人情がないこと。また、そのさま。「非人情な(の)人」

  1. 義理人情の世界から超越して、それにわずらわされないこと。また、そのさま。夏目漱石が「草枕」で説いた境地。

    1. 「―の天地に逍遥したいからの願 (ねがい) 」〈漱石草枕

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫