• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

比例代表制の選挙で、政党が候補者名簿の順位を定めない方式。有権者は政党または候補者個人に投票。個人票は所属政党への投票とみなして合算し、各政党の得票数に比例して当選者数を確定した後、個人名での得票数が多い順に当選とする。日本では平成13年(2001)の参議院選挙から実施されているが、令和元年(2019)導入の特定枠はその一部を拘束名簿式にするもの。