• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 平安時代、蔵人所 (くろうどどころ) に所属する官職の一。良家の子で六位の者から選ばれ、蔵人に準じて昇殿を許されて、殿上の雑用を勤めた者。非職 (ひしき) の者。

  1. 江戸時代、賀茂松尾稲荷 (いなり) などの神職の家や家筋のよい家から選ばれ、無位無官で宮中の雑用を勤めた者。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉