• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

連歌・俳諧で、懐紙の同一の面では一度使った語句を二度使わないこと。面嫌い。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉