• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

面目躍如の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

世間評価に値する活躍をしていて、生き生きとしているさま。また、名声・世間体などがよりよくなるさま。▽「面目」は世間に対する体面の意。「躍如」は生き生きとして勢いのよいさま。「目」は、「ぼく」とも読む。
句例
面目躍如たる態度
用例
例の景時失脚事件の際、大江広元に膝詰ひざづめで訴状の退出を迫ったあたり、面目躍如たるものがある。<永井路子・つわものの賦>
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

面目躍如の解説 - 学研 四字熟語辞典

世間評価にふさわしい活躍をするさま。また、業績仕事などに、名誉や評価に値するその人らしさがありありと現れているさま。
注記
「面目」は、名誉や体面。「めんぼく」とも読む。「躍如」は、生き生きとしたさま、はっきりと外に表れるさま。「やくにょ」と読み誤らない。

面目躍如の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]その人本来の姿が生き生きと現れているさま。「ベテランの—たる演技
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月