• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鹿の揉 (も) み革で作った羽織。近世は、多く燻 (ふす) べ革で仕立てて防火用とし、鳶頭 (とびがしら) や職人の棟梁 (とうりょう) などが着用した。 冬》「老骨をばさと包むや―/竜之介

  1. すれっからしの女。莫連 (ばくれん) 者。あばずれ者。

    1. 「てめえのやうな―が、大磯にたくさんあるものか」〈洒・曽我糠袋〉