ウツボカズラ科の食虫植物。蔓性 (つるせい) の多年草。葉は長さ10~15センチで、裏面に褐色の毛があり、先が円筒形の袋となっていて虫を捕らえる。雌雄異株。枝の先に黒紫色の花を総状に密生する。同科には約80種あり、中国・インドシナ・マレーシアからオーストラリアにかけて分布。日本では温室で栽培。

[生物/植物名]カテゴリの言葉