• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イワヒバ科の常緑、多年生のシダ。山地の樹林下に生える。茎は地をはい、分枝して苔のように広がる。葉は鱗片 (りんぺん) 状。小枝の先に胞子穂をつける。鞍馬山で発見された。叡山 (えいざん) 苔。愛宕 (あたご) 苔。