1. 鞭で打つこと。

  1. 江戸時代、拷問 (ごうもん) の一。被疑者を後ろ手に縛り、左右の手首を両肩の下まで締め上げ、箒尻 (ほうきじり) と呼ばれる拷問杖でたたくもの。

  1. 鞭打ち症」の略。

出典:青空文庫