• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

韋弦之佩の解説 - 学研 四字辞典熟語

身に帯びたなめし革と弓づる。自分の性格上の欠点を戒め、改めようとすることのたとえ。
注記
「韋」は、なめし革。「弦」は、弓づる。「佩」は、身につけるもの。
表記
「弦」は、「絃」とも書く。
故事
中国戦国時代の西門豹せいもんひょうは、短気な性格を改めようと柔軟ななめし革を身につけ、春秋時代の董安于とうあんうは、のんびりした性格を引き締めるために張りつめた弓づるを身につけていたという。
出典
『韓非子かんぴし』観行かんこう

キーワード[戒め]の四字熟語