• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

韋編三絶の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

何度も繰り返し、熱心に本を読むことのたとえ。また、学問に熱心なことのたとえ。▽「韋編」は文字を書いた木札(木簡という)や竹の札(竹簡という)を皮のひもで綴つづった古代中国の書物。「三絶」は三度断ち切れる意。また、何度も断ち切れる意。「三」は三度の意と数の多いことを表す場合とがある。「韋編いへんたび絶つ」と訓読する。
出典
『史記しき』孔子世家こうしせいか
句例
韋編三絶の愛読書
用例
この易学は、孔子こうしさえ韋編三絶と申し伝え候えば、よくよく観察の功を積まざれば<中江藤樹・翁問答>
故事
孔子は晩年に易えきを愛読し、それを何度も繰り返し読んだので、その書を綴ったなめし皮のひもが何度も切れたという故事から。

韋編三絶の解説 - 学研 四字熟語辞典

何度も繰り返して本を読むこと。また、熱心に学問することのたとえ。
注記
「韋編」は、文字を書いた木の札(木簡)や竹の札(竹簡)を皮ひもで綴つづったもので、紙出現以前の古代中国の書物。「三絶」は、三度、また何度も断ち切れること。「韋編いへんたび絶つ」と読み下す。
故事
孔子こうしが晩年に『易経えききょう』を繰り返し、愛読したので、その綴りひもが何度も切れたという。
出典
『史記しき』孔子こうし

[励ましたり、褒めたり/努力する]カテゴリの四字熟語

キーワード[学問・学習]の四字熟語

キーワード[読書・書物]の四字熟語