• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
京都、東山三十六峰の一。標高240メートル。中腹に清水寺があり、その奥に音羽の滝がある。
京都市山科区と滋賀県大津市との境の山。北は逢坂 (おうさか) 山に連なる。標高593メートル。[歌枕]
    1. 「―今朝こえくればほととぎす梢 (こずゑ) はるかに今ぞなくなる」〈古今・夏〉

[枕]「おと」にかかる。
    1. 「―音にききつつ」〈古今・恋一〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉