• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 五十音図の同行または同段の音と音が転換する現象。「たけぼうき」と「たかぼうき」、「ぬかご」と「むかご」の類。

  1. 漢字で、同一字音を通用すること。「寤 (ご) 」を「」に通用する類。

  1. 俳句で、五十音図の同行または同段の音が句の切れ目で重なること。「古池やかはづとびこむみづの音」で、「や」と「か」、「む」と「み」の類。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:gooニュース