• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[名・形動ナリ]

  1. 順当な道すじであること。また、そのさま。

    1. 「路は―なれども宿の逆川 (さかは) と云ふ処に泊る」〈海道記

  1. 順当な道理であること。また、そのさま。

    1. 「何か差し置きお盃を頂戴致すが―なれど」〈浄・近江源氏