• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

頑迷固陋の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

頑固で視野が狭く、道理をわきまえないさま。また、自分の考えに固執して柔軟でなく、正しい判断ができないさま。頭が古くかたくななさま。▽「頑迷」はかたくなで道理に暗いこと。「固陋」はかたくなで見識が狭いこと。また、頑固で古いものに固執すること。「迷」は「冥」と書くこともある。
句例
頑迷固陋な性質、年とともに頑迷固陋になる
用例
若い女性の羞恥心しゅうちしんというものは、時と場合によっては頑迷固陋の気性と隣合わせになるものだ、だから悲劇が起ることがある。<井伏鱒二・黒い雨>
類語
頑冥不霊がんめいふれい 狷介固陋けんかいころう 卑陋頑固ひろうがんこ 墨守成規ぼくしゅせいき
活用形
〈―ナ〉

頑迷固陋の解説 - 学研 四字辞典熟語

かたくなで視野が狭く、柔軟性に欠けて、正しい判断ができないさま。
注記
「頑迷」は、かたくなで道理をわきまえないこと。「固陋」は、見識が狭く、かたくなで古いものに固執する。「迷」は、「冥」とも書く。
類語
狷介孤高けんかいここう 狷介固陋けんかいころう 墨守成規ぼくしゅせいき

[さまざまな状態を表す/保守的]カテゴリの四字熟語

キーワード[がんこ]の四字熟語