[名]
  1. 人間や動物の首から上の部分。あたま。こうべ。「尾頭つき」「頭、右」「頭に霜を置く」

  1. 髪の毛。頭髪。「頭を剃 (そ) る」

  1. 物のいちばん上、または先の部分。先端。「八歳を頭に三人の子持ち」

  1. 一団の人々を統率する人。統領。特に、鳶職 (とびしょく) 大工左官など職人の親方。

  1. (「首」とも書く)人形の首から上の部分。特に、人形浄瑠璃の人形の頭部。「頭を遣う」

  1. で扮装に用いる仮髪。前は顔までかかり、横は両肩に垂れ、後ろは背丈に及ぶ長いもの。黒頭・赤頭・白頭があり、役によって使い分ける。「獅子 (しし) 頭」

  1. もつ焼きで、豚の頭部の肉。

[接尾]助数詞。
  1. 動物を数えるのに用いる。

    1. 「鹿の一―にても殺す者あらば」〈宇治拾遺・七〉

  1. 仏像を数えるのに用いる。

    1. 「(仏師ニ)幾―造り奉りたるぞと問へば」〈宇治拾遺・九〉

  1. 烏帽子 (えぼし) など頭にかぶるものを数えるのに用いる。

    1. 「折らぬ烏帽子十―、直垂、大口などをぞ入れたりける」〈義経記・七〉

  1. 人の上に立つ者、特に大名などを数えるのに用いる。

    1. 「あれへ大名一―、瓜核 (うりざね) 顔の旦那殿、東寺から出た人さうな」〈浄・丹波与作