[形動][文][ナリ]《動詞「しき(頻)る」の連用形から》
  1. 同じことが何度も引き続き起こるさま。ひっきりなし。「警笛が―に鳴る」「問い合わせが―だ」

  1. 程度・度合いが著しいさま。むやみ。やたら。「―に故郷を懐かしむ」「雨が降ること―だ」

出典:青空文庫