• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

顧炎武の解説 - 小学館 大辞泉

[1613~1682]中国、明末・清初の思想家・学者。崑山 (こんざん) (江蘇省)の人。字 (あざな) は寧人。号、亭林。その学問は経世を目的とし、歴史・地理・制度史・経学・音韻訓詁 (くんこ) など多方面にわたり、清朝考証学の祖とされる。著「日知録」「天下郡国利病書」「音学五書」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉