• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「荘子」天運から》善し悪しも考えずに、やたらに人のまねをする。また、他人にならって物事をするのを謙遜していう言葉。「先人の―・う」→西施 (せいし) の顰みに倣う

[補説]「顰みに習う」と書くのは誤り。