1. その土地の気候・地味・地勢などのありさま。

  1. 人間の文化の形成などに影響を及ぼす精神的な環境。「政治的風土」「宗教的風土」

[補説]書名別項。→風土

福永武彦の長編小説。著者が大学を卒業した昭和16年(1941)に執筆を開始、約10年の執筆期間を経て昭和26年(1951)に完成。第2部をのぞいた省略版が昭和27年(1952)に刊行。完全版は昭和32年(1957)刊行された。フランスの伝統的心理小説のスタイルに則った作風で注目を集める。

出典:青空文庫