風声鶴唳の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

おじけづいて、わずかなことにも恐れおののくことのたとえ。▽「風声」は風の音。「鶴唳」はつるの鳴き声。わずかな物音にもおびえるたとえ。「鶴唳風声かくれいふうせい」ともいう。
出典
『晋書しんじょ』謝玄伝しゃげんでん
句例
風声鶴唳に慌てる
用例
「私が暗殺を心配したのは毎度の事で、あるいは風声鶴唳に驚きました。」<福沢諭吉・福翁自伝>
類語
影駭響震えいがいきょうしん 草木皆兵そうもくかいへい
故事
中国前秦ぜんしんの符堅ふけんの軍が敗走し、その敗軍の兵が風の音やつるの鳴き声を聞いただけで、敵兵の追撃と思い、恐れおののいたという故事から。

風声鶴唳の解説 - 学研 四字熟語辞典

怖じ気づいた者が、ささいな物音やかすかな声にまでも恐れおののくこと。
注記
「風声」は、風の音。「鶴唳」は、鶴の鳴く声。「鶴唳風声かくれいふうせい」ともいう。
故事
中国南北朝時代、前秦ぜんしんの苻堅ふけんの軍勢は敵の奇襲を受けて敗走するとき、敵かと思って風の音や鶴の鳴き声にまで恐れおののいた。
出典
『晋書しんじょ』謝玄しゃげん
用例
格之介の逃亡の理由が分かるにつれ、桑名藩士も官軍の人たちも、格之介が風声鶴唳ふうせいかくれいにおどろいて逃走を企て、捨てぬでもよい命を捨てたことを冷笑した。〈菊池寛・乱世〉
類語
影駭響震えいがいきょうしん 疑心暗鬼ぎしんあんき 草木皆兵そうもくかいへい

風声鶴唳の解説 - 小学館 大辞泉

《戦いに敗れた前秦の苻堅 (ふけん) の軍が風の音や鶴の鳴き声などにも驚き騒いで敗走したという「晋書」謝玄伝の故事から》おじけづいた人が、少々のことに驚くことのたとえ。

[さまざまな状態を表す/疑心暗鬼]カテゴリの四字熟語

出典:青空文庫

キーワード[音]の四字熟語

キーワード[おびえる]の四字熟語