• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二百十日前後に、風害から農作物を守るため、風神に風の荒れないように祈る農耕儀礼。正月や盆などに行う地方もある。竜田大社の風の神祭りが有名。風日待 (かざひま) ち。かぜまつり。