• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堀辰雄 (ほりたつお) の小説。昭和11~13年(1936~1938)発表。死の近づいている婚約者との生活を通して、主人公の中に、時間を超越した生の意味と幸福感が確立してゆく過程を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉