• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

第二次大戦中、アメリカ本土を攻撃するために日本で考案された兵器。直径約10メートルの紙製の気球に焼夷弾 (しょういだん) をつるして偏西風にのせて飛ばした。