• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

風雲月露の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

詩興を催す自然の風物のこと。また、実際の生活には役に立たない自然の風物を詠んだだけの詩文のこと。詩文が花鳥風月を詠んで技巧にのみ流れ、社会や人心に何の益もないのをそしった語。▽「風」「雲」「月」「露」は詩歌の題材で、自然の風物。
出典
『隋書ずいしょ』李諤伝りがくでん
用例
風雲月露の中に不可思議なる或物あるものを瞑想めいそうするが如ごときは、我邦わがくにの詩歌に甚だ稀まれなる所なり。<高山樗牛・明治の小説>
類語
煙雲月露えんうんげつろ 嘲風詠月ちょうふうえいげつ

風雲月露の解説 - 学研 四字辞典熟語

詩心を起こさせる美しい自然の風物。また、美しい自然の風物を詠んだだけで、社会や実生活に何の影響も及ぼさないつまらない詩文の意もある。
注記
「風雲」は、風に吹かれる雲。「月露」は、月光に輝く露。ともに、しばしば詩文の題材とされる。
出典
『隋書ずいしょ』李諤りがく

キーワード[風流]の四字熟語