• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「風」は「詩経」国風、「騒」は「楚辞」離騒。ともに詩文の模範とされたところから》詩文を作ること。また、詩文を味わい楽しむこと。

「此関は三関の一にして、―の人、心をとどむ」〈奥の細道