• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. うれしくておどりあがるほどであるさま。「飛び立つばかりに喜ぶ」

  1. 遠方のことを、飛んで行きたいほど懐かしく思うさま。

    1. 「―思ひ寝の」〈仮・恨の介・下〉