• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ四]

  1. 魚などが水面で呼吸して水中に戻る。

    1. 「この海豚 (いるか) ―・り候はば、源氏滅び候ふべし」〈平家・一一〉

  1. (「癁る」とも書く)病気がぶり返す。

    1. 「聞けばあとから―・る、そもいかなる病ぞや」〈浄・天の網島