• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

食前方丈の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

きわめてぜいたくな食事のこと。ごちそうが自分の前に、一丈四方もいっぱいに並べられる意から。▽「食前」は食事の席の前。「方丈」は一丈四方。「丈」は長さの単位。一丈は約三・〇三(周代は二・二五)メートル。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん
句例
食前方丈にあずかる
類語
三汁七菜さんじゅうしちさい 漿酒霍肉しょうしゅかくにく 炊金饌玉すいきんせんぎょく 太牢滋味たいろうじみ
対義語
一汁一菜いちじゅういっさい

食前方丈の解説 - 学研 四字辞典熟語

きわめて豪奢な料理のこと。一丈もある広さに並べられた豪華な食事という意味から。
注記
「食前」は、食事の際に座る席の前。「方丈」は、一丈四方のことで、約三メートル四方。
出典
『孟子もうし』尽心じんしん・下
対義語
一汁一菜いちじゅういっさい

食前方丈の解説 - 小学館 大辞泉

《「孟子」尽心下から》食事をするとき、ごちそうを膳 (ぜん) の前に1丈四方いっぱいに並べること。きわめてぜいたくな食事。

[暮らしぶりを表す/贅沢・ごちそう/贅沢]カテゴリの四字熟語

キーワード[食事]の四字熟語

キーワード[贅沢]の四字熟語