• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

食牛之気の解説 - 学研 四字熟語辞典

子どもの時分から、大きな野望を秘めていること。また、優れた人物は、幼い時から傑出しているということ。虎や豹ひょうは子どものうちから、大きな牛を食べようとする意気を感じさせるという意味から。
注記
「気」はここでは、意気や気概のこと。「栴檀せんだんは双葉ふたばより芳かんばし」「蛇じゃは一寸いっすんにして人ひとを呑む」と同意。「呑牛どんぎゅう之気」ともいう。