• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

飲河満腹の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

自分の分ぶんに安んじて満足すべきこと。どぶねずみが頑張って大河の水を飲んでも、その量は小さな腹を満たすにすぎない意から。
出典
『荘子そうじ』逍遥遊しょうようゆう。「偃鼠えんそかわに飲むも満腹に過ぎず」
類語
飲河之願いんかのねがい 偃鼠飲河えんそいんが 巣林一枝そうりんいっし

飲河満腹の解説 - 学研 四字熟語辞典

人にはそれぞれ相ふさわしい分ぶんというものがあり、自分の分に安んじてそれ以上望んではならないという戒め。
注記
「偃鼠えんそかわに飲むも満腹に過ぎず」の略。「偃鼠」は、モグラ。モグラが黄河の水をいくら飲んでも、その量は自分の腹を満たす分に過ぎないという説話から。
出典
『荘子そうじ』逍遥遊しょうようゆう
類語
巣林一枝そうりんいっし

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。