• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

嫌気が差してくること。飽きがきはじめた状態。

「色好みける女、―になる男のもとに」〈伊勢・一三一〉