• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

植物の光合成において、光の強度が上がると光合成速度が速くなるが、ある強度以上では飽和状態に達し、それ以上速くはならない。その光合成速度のこと。また、このときの光の強度を光飽和点という。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉